Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちは夜と遊ぶ(上)(下)

諸事情によりブログUPどころではなかったのですが
ようやく復活!…か?
なかなか書けない状況は続くだろうけれど、書かないよりはいいだろう。
継続は力なり←ヤケクソ

というわけで今回は辻村 深月さんの

 子どもたちは夜と遊ぶ(上)(下)

子どもたちは夜と遊ぶ 上 (1) (講談社文庫 つ 28-3)子どもたちは夜と遊ぶ 上 (1) (講談社文庫 つ 28-3)
(2008/05/15)
辻村 深月

商品詳細を見る

子どもたちは夜と遊ぶ 下 (3) (講談社文庫 つ 28-4)子どもたちは夜と遊ぶ 下 (3) (講談社文庫 つ 28-4)
(2008/05/15)
辻村 深月

商品詳細を見る

優しく触れようとしても壊してしまう、大人になりきれない子どもたちは、暗い恋の闇路へと迷い込んでしまった…。同じ大学に通う仲間、浅葱と狐塚、月子と恭司。彼らを取り巻く一方通行の片想いの歯車は、思わぬ連続殺人事件と絡まり、悲しくも残酷な方向へと狂い始める。掛け違えた恋のボタンと、絶望の淵に蹲る殺人鬼の影には、どんな結末が待っているのか。(「BOOK」データベースより)



前作の『冷たい校舎の時は止まる』と同様、
登場人物が美男美女ぞろいなのに、ものすごいダークな心理描写でブルーになります。
しかも今回は怖い プラス 残酷すぎて痛々しい。
特に木村 浅葱の過去は恐ろしいっす。
でも読んじゃうんだよな~。

この方、女性女性に向ける嫉妬を書かせるとピカイチです。
月子とその友人の片岡 紫乃との関係。
おおおおおおっかないよ~(涙)

『i』『θ』が交互に行う連続殺人。
その結末にちょっと涙。

というわけで今回のイチオシは
狐塚 孝太の同居人、石澤 恭司
この人でもう一冊書いてくださいっ!
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : ブログ 女性

冷たい校舎の時は止まる(上)(下)

先日知人の方のピアノリサイタルに行ってきました。
場所は市ヶ谷にあるトモノホールという所。
御木本さんという方が個人で所有するホールだとの事。
…御木本ってあのミキモトよね~。

3階から眺めるお庭もステキですが、
お隣が裏千家の東京道場
木々に隠れて中は見えませんでしたが、すんごい建物でした。

確か初級のお免状を持っていたはずだけれど、
その程度じゃ中に入れないんだろうなぁ。

そんなことはさておき今回は辻村 深月さんの

  冷たい校舎の時は止まる(上)(下)(講談社文庫)

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫) 冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)
辻村 深月 (2007/08/11)
講談社

この商品の詳細を見る

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫) 冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)
辻村 深月 (2007/08/11)
講談社

この商品の詳細を見る


第31回メフィスト賞受賞作品です。

ある雪の日、学校に閉じ込められた男女8人の高校生。どうしても開かない玄関の扉、そして他には誰も登校してこない、時が止まった校舎。不可解な現象の謎を追ううちに彼らは2ヵ月前に起きた学園祭での自殺事件を思い出す。しかし8人は死んだ級友の名前が思い出せない。死んだのは誰!?誰もが過ぎる青春という一時代をリアルに切なく描いた長編傑作。(「BOOK」データベースより)


続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 文庫 メフィスト

幽霊人命救助隊

ゴールデンウィーク…って何?

そんなことはさておき今回は高野 和明さんの

 幽霊人命救助隊(文春文庫)

浪人中の高岡 裕一がひたすら崖を登っていくところから話が始まります。
たどり着いた崖のうえにいたのは、
ヤクザの八木
団塊世代の元サラリーマン市川
アンニュイな美女安西 美晴
彼らは自殺した幽霊だったのです。
そこへパラシュートで降りてきた神様から
「天国へ行くのと引き換えに100人の自殺志願者を救え」
とのお達しが。
期間は49日間

さて、彼らはどうなる?



続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

EDGE(2)- 3月の誘拐者

お昼ごはんにラーメンが食べたくなったので
ネットで検索してラーメン 丸仙に行ってみました。

しかし日本人てどうしてこんなにラーメンが好きなんでしょうね。
店にたどり着く前にいったい何軒のラーメン屋さんの前を通り過ぎたことか…

こちらのお店は非常にアットホームな感じ。
常連さんらしきおじさま、おばさま達がちらほら。
ねぎみそラーメンを頼んでみたのですが非常に後引くスープでした。

しかし帰って来てから気付きました。
どうやら支那そばがウリらしい。
…次回のお楽しみです。

そんなことはさておき今回はとみなが 喜和さんの
 EDGE(2)- 3月の誘拐者(講談社文庫)


続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

刻謎宮(4)-登天篇

毎日の日課として、同居人を車で迎えに行ってます。
とはいえ約10分くらいのところなんですがね。
だいぶ運転も上達したなぁ(シミジミ)
こういう時に事故を起こしがちなので気をつけようと思います。

しかし未だにデパートの駐車場に入れる勇気がありません。
1人でお買い物に行けるのはいつになるのやら…


そんなことはさておき今回は高橋 克彦さんの

 刻謎宮(4)-登天篇(講談社文庫)

続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

刻謎宮(3)-渡穹篇

寒いです。耐えられません。
まだ11月だというのに…生きていくのってツライ(大袈裟です)
夏に産まれたせいだと思うのですが、
冬は非常に苦手なシーズンです。

もしも大金持ちになったら、
南の島に移住したいと思います(現実逃避)


そんなことはさておき今回は高橋 克彦さんの

 刻謎宮(3)-渡穹篇(講談社文庫)

続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

EDGE

先日読んだ動物園の鳥の巻末に鳥井のレシピがついていたのですが、
その中の「ポテトパンケーキ」を作ってみました。

ジャガイモをゆでて粗くつぶし、
小麦粉・卵・牛乳・塩・胡椒で出来ちゃうという
超シンプルな料理。
こういうものほど難しいですよね。
本の中では「刻んだジャガイモ」が入っていると書いてあったので、
ちょっと不安があったのです。

感想:パンケーキのわりにジャガイモが主張

すりおろし&刻みジャガイモを混ぜて作ったほうが、
イメージする鳥井のパンケーキっぽいかも。
しかしこれはこれで休日の朝食にぴったりだと思います。


そんなことはさておき今回はとみなが 喜和さんの

 EDGE(講談社文庫)

続きを読む »

照柿(上)(下)

先日久々に世界の山ちゃんに行ってきました。

ここに来たら食べなきゃならないのがやっぱり幻の手場先
確実に1人1人前以上は注文しとけな一品なのです。
とにかく
ウマい!辛い!ビールがすすむ!!

だけどなんでなの?

そういえば毎回お土産にテイクアウトしていこうと思うのですが、
い~っつも帰る頃には忘れてます。


そんなことはさておき今回は久々の元編集者オススメ本シリーズ。
高村 薫さんの

 照柿(上)(下)(講談社文庫)

続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

刻謎宮(2)-光輝篇

昨日は活ジャンのはずだったのですが、
夜の部は全員の予定が揃わず昼の部のみ決行。
(そういえば連絡ない奴もいたな…ぼちぼち除名するべき?)

横浜中華街で美味しい&安いランチを食べ、
お手ごろ価格のお洋服を購入。
お買い物って楽しい~☆
たとえ給料前のカツカツ状態でも楽しい~☆…(泣)

帰りにに永楽製麺所でワンタンの皮を購入。
ここの麺とか皮は中華街のお店で使われているだけあって、
小麦の味がしっかりしていてとっても美味しいのです。

早速海老ワンタンを作って食べました。
もちろんスープは味覇(ウェイパー)を使用。
しかしこのワンタン、大量にあります。
全部食べきれるのかちょっと心配。


そんなことはさておき今回は高橋 克彦さんの

 刻謎宮(2)-光輝篇(講談社文庫)

続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

刻謎宮(1)

最近秋晴れが続いてますね。
お休みの日に布団を干すのがとても楽しみです。

先日も布団を干しながらベランダで和んでいたら、
家の前にある遊歩道を小学生の男の子が
こんなことを叫びながら猛ダッシュしていました。

「カッパ巻きいぃぃぃぃぃぃぃ!!」

何が彼をそこまでカッパ巻きへと駆り立てたのでしょうか?


そんなことはさておき今回は高橋 克彦さんの

 刻謎宮(1)(講談社文庫)

続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

竜の柩(6)-交霊英国編

通勤時間が往復で1時間くらいかかるので、
貴重な読書の時間になっています。
今日も夢中で本を読んでいました。

ふと気づくと駅ではないところに停車してました。
窓の外を覗くと
パトカー救急車消防車の3点セット。
踏切からストレッチャーが搬入されているところでした。
........................嗚呼。

とりあえず1時間かからずに運転再開しましたがね~。
できれば電車に飛び込むのは止めて欲しいな~。
そういえば現場検証をしている警察官の中に
スーツが混じってました。
あれが所謂刑事?

そんなことはさておき今回は高橋 克彦さんの

 竜の柩(6)-交霊英国編(講談社文庫)

続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

竜の柩(5)-心霊日本編

最近心を動かされたニュースといえばやはり
西安の兵馬俑(重いです)に進入して
兵士になりきっちゃったドイツ人留学生でしょう。
しかしね、
願わくばドイツ人らしくマイスターな仕事をしていただきたかった。
色が明らかに違っててすぐにバレちゃあダメでしょう(笑)
そういえば没収された兵士の衣装はどうなっちゃうのかしら?

そんなことはさておき今回は高橋克彦さんの

 竜の柩(5)-心霊日本編(講談社文庫)

続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

竜の柩(4)-約束の地編

引っ越してから初めて近所の図書館に行ってみました。
夏休みということもあったのでしょうか。
結構人がイッパイでした。
「貸出し禁止」の棚の中から
苗字の由来辞典を広げてみました。
自分の苗字は載ってなかったです(涙)
ちょびっと寂しいものですね。
それよりもその姿を暇そうなおじちゃんに
眺められていました。
どのあたりに興味ポイントがあったんでしょう?
聞いてみたかったのですが、
下手に語られても困ると思ったのでやめておきました。

そんなことはさておき今回は高橋克彦さんの

 竜の柩(4)-約束の地編(講談社文庫)

紀元前の世界に送り込まれた九鬼虹人たち。
竜の一族であるイシュタルと共に日本に向かうことになります。
いやぁ…イザナミ出てきちゃいましたよ。
ホラーな登場でしたわ。
なんか古事記読んでおいて良かったかも。
しかもスサノウの別名が荒神なんですが、
それは虹人が由来だったと判明。
どこまでいくんたああああああああ!

ま、とりあえずタイムマシンが見つかり
現世へ戻ってくる…んですが。
いや~ん!鹿角さんそのままなのぉ(泣)

というわけで今回のイチオシは
シャルケヌことサルゴン大王
世界初の絶対君主なだけあって男気あって良い男子です。

竜の柩(4) 竜の柩(4)
高橋 克彦 (2006/08/12)
講談社
この商品の詳細を見る

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

竜の柩(3)-神の星編

空芯菜ってありますよね。
中国や東南アジアでよく食べられている野菜です。
ニンニク、鷹の爪、ナンプラーで炒めると
ごはんのおかずにヨシ、お酒のおつまみにもヨシ。
ちょっとクセはあるけれど大好きなのです。
昨日、育てている人(タイ人)からいただきました。
とてもうれしいです♪
しかしね~
  これ↓
20060815210148.jpeg

いただきすぎなんではないでしょうか?


そんなことはさておき今回は高橋克彦さんの

 竜の柩(3)-神の星編(講談社文庫)

前回、竜(ロケット)の中に乗り込み飛んでっちゃった
九鬼虹人たち。
3巻が待ち遠しくて仕方なかったですよ。

なんだか地球に似たところに到着。
あんなに殺し合いとかしていた鹿角とも
仲間殺されたのにいいんすか?
と問い詰めたくなるほどあっさり意気投合。

そして判明した新事実。
竜はロケットではなくてタイムマシンだった!
宇宙でなくて過去に来たんだってことをあっさり了解する一同。
いいのかよ!!

(1)(2)にも増してツッコミどころ満載。
ぶっとび度もUP。
またまた続きが気になります。
どこまでいくのやら…。
そしてついていけるのでしょうか…。
ちょびっとだけ不安になってきました。

というわけで今回のイチオシは
ラルサを守護する女神イシュタル
なんとなくヤマトに出てきた
イスカンダルのスターシャを思い出してしまいました。



竜の柩(3) 竜の柩(3)
高橋 克彦 (2006/08/12)
講談社
この商品の詳細を見る


テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

竜の柩(2)-ノアの方舟編

近所のスーパーに夜に買い物に行くと、
昼間とは違ってバイトの大学生らしき男子が2名
レジに入っています。
これがとーーーーーーっても気になってます。
私はそういう趣向がないのでなんとも言えないのですが、
おそらく眼鏡男子好きの女の子には
非常に辛抱堪らん2名だと思うのです。
今まで眼鏡男子に特にこだわりはなかったのですが、
そんな私でもなんとなく納得してしまう光景なのです。
この2人目当てに買い物にきていそうな女子を探してしまい、
ニヤニヤしないように注意するのが常。
うん、夜中の買い物は楽しい♪
・・・・・・・・・職質されないように気をつけよう。

それはさておき今回は、というか今回も高橋克彦さんの

 竜の柩(2)-ノアの方舟編(講談社文庫)

海外まで話を広げちゃいましたよ。
竜の解釈についてヨーロッパとアジアで間逆なのは不思議だ、
とずっと思っていたのですが、
非常に納得!ってなんか間違ってるような気がする。

今回の竜というかロケットは「ノアの箱舟」
アララト山に行くまでにヒンドゥーやらシュメール、インダス文明やらが出てきて
…え~とつまり宇宙人2派閥いたって事でいいのかしら?
途中から頭がぷすぷすと音を立てた気がします。

ぷすぷすの原因は鹿角のせいでもあります。
今回もエロさ爆発です。
危うく鼻血が出そうになりました。

そしてこの終わり方…この先どおすんのよ。
どこまで広がるのかなあ(遠い目)

というわけで今回のイチオシは陰山優紀
鹿角のエロさはあなたがいてこそです。


竜の柩(2) 竜の柩(2)
高橋 克彦 (2006/07/15)
講談社
この商品の詳細を見る

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

竜の柩(1)-聖邪の顔編

以前のブログで、梅酒を仕込んだことを紹介していたのですが、
そこに太陽プラムも投入してみました。
umeshu_2

うん、わかりづらい♪
上の方にあるのですがねぇ。
とりあえずなんとなく美味しそうな色&香りがしています。
来年の花見に開封予定なのですが、果たして待てるんでしょうか?
おそらく来年の花見に来るであろう人たちの顔を思い浮かべながら
耐え忍んでみようと思います。

そんな事はさておき今回は高橋克彦さんの

 竜の柩(1)-聖邪の顔編(講談社文庫)

先日平台に並んでいるのを見かけて2~3日迷い、
ようやく購入したら、活ジャンで話題に。
どうやら相当面白そうな気配なのであわてて読みました。

え~と・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
神=宇宙人竜=ロケットっすよ!!!
カナーーーーーリぶっ飛んでます。ナイスです。

主人公はテレビ番組制作会社「アクト・ナイン」を率いる九鬼虹人
(この名前もすごいなあ)
バックにいる金持ち爺様、宗像剛蔵の依頼で
東北地方にある山を調査することから始まるのですが、
この九鬼の古事記や日本書紀の解釈がものすごいです。

皆さん竜(つまりロケット)を捜しまわって大騒ぎ。
バチカンまで登場しちゃってスケール増大。
で、次巻に続く。
次もまたとんでもなさそうだなあ。

というわけで今回のイチオシは
バチカンの日本人枢機卿、鹿角典征
こんなエロい枢機卿、私でも膝がガクガクです。

竜の柩(1) 竜の柩(1)
高橋 克彦 (2006/07/15)
講談社
この商品の詳細を見る

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。