Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイロンの光と影(121)

今回は栗本 薫さんの

 サイロンの光と影グインサーガ(121)

サイロンの光と影 (ハヤカワ文庫 JA ク 1-121 グイン・サーガ 121)サイロンの光と影 (ハヤカワ文庫 JA ク 1-121 グイン・サーガ 121)
(2008/06)
栗本 薫

商品詳細を見る


前回が114巻だったので
タイス脱出からパロまでがそっくり抜けてしまいましたね。
前回までで、記憶もすっかり抜けちゃったグインですから
おあいこってことで(なにがだ?)

ようやくケイロニアに帰ってきました。
やっぱしの国にいると据わりがいいね~。
なんて思っていたのもつかの間。
後半はドロドロの気持ち悪ーーーーい話に。
シルヴィアをそこまで放置ってどういう事?
ケイロニアの重鎮たちは今まで何やってたんすか?

おまけに2度目のガン手術のせいか
「豹頭の花嫁」書く気ないでしょ、栗本さん(涙)
頼むからとにかく終わらせてくれええええ!
最初から買っている人だったら30年近くお付き合いしているわけだし、
他のシリーズはともかくグインだけは完結させて欲しいなぁ。
とはいえ術後5年生存率25%…う~ん(汗)

というわけで今回のイチオシはハゾス・アンタイオス
しんどそー(涙)
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : シリーズ

鏡の国の戦士

遅ればせながらららぽーと横浜に行ってきました。

平日だと駐車料金無料という良心的なシステム。
店の多さに訳がわからん店内。
いかにも郊外型ショッピングモールですなぁ。

しかし…
最近洋服を買いに行くと
店員さんが柳原可奈子のマネをしている風に感じてしまって
笑いをこらえるのが難しいです。
いや、全員がそうなわけではないんですがね。

そんなことはさておき今回は栗本 薫さんの

 鏡の国の戦士(外伝21)(ハヤカワ文庫)

鏡の国の戦士 (ハヤカワ文庫 JA ク 2-22 グイン・サーガ外伝 21) 鏡の国の戦士 (ハヤカワ文庫 JA ク 2-22 グイン・サーガ外伝 21)
栗本 薫 (2007/07)
早川書房

この商品の詳細を見る


21巻って…
外伝の巻数じゃないだろ!!


続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

紅鶴城の幽霊(114)

脳内メーカーっていうのをやってみました。

うそこメーカー
そるたんの脳内イメージ

どんだけなんすか?


そんなことはさておき今日は栗本 薫さんの

 紅鶴城の幽霊(114)(ハヤカワ文庫

紅鶴城の幽霊 グイン・サーガ 114 紅鶴城の幽霊 グイン・サーガ 114
栗本 薫 (2007/06)
早川書房

この商品の詳細を見る

続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 文庫

闘王(112)

先日IKEAに行った時にワードローブを購入しました。

こちらの家具は組み立て式なのですが
説明書が全部になってます。
20070213200606.jpg

ユニバーサルデザインってやつですね。

しかしね
tel.jpg

分からない場合はIKEAに電話してください
まで
絵で説明することもない気がします。
落書き必至!


そんなことはさておき今回は栗本 薫さんの

 闘王グインサーガ(112)(ハヤカワ文庫)

続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タイスの魔剣士(111)

この間の日曜日のことです。
通勤電車に乗り込んだらプワンとお酒の香りがしました。
見ると3人がけシートに撃沈している若いお兄さんがいました。

こういう状態で友人たちは同じ路線を何往復もしたり、
普通なら鉄道マニアが時刻表チェックしないと乗れないような路線に
なぜか乗りこんでしまい、
どこだかわからない場所へ連れて行かれたり
(見たことのない形の富士山を見たそうな)
終電が出てしまって人様には口が裂けても言えない方法で
家へ帰ってきたりしたのだなぁ。

非常に感慨深く眺めてしまいました。


そんなことはさておき今回は栗本 薫さんの

 タイスの魔剣士グインサーガ(111)(ハヤカワ文庫)

続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

快楽の都(110)

おとといは友人の結婚式でした。
で、1.5次会みたいな感じのやつに出席してきました。

カワイイかどうかはともかく
口が裂けても地味とは言えない外見をしているので、
こういった席での服装は非常に気を使います。
気合を入れると悪目立ちしてしまうのです。
手を抜きつつもまあまあオシャレをしてお出かけしました。

結論から言うと
たぶんものすごおおおおおおく浮いてたと思います。
ちょっとのことでド派手なねぇちゃんが出来上がってしまったのでした。

落ち込む私にさらに追い討ちをかけるコメント。
「まあ…日本人の中に外国人が混ざっちゃったんだと思おうよ☆」

.................これっぽっちもフォローになってない(涙)


そんなことはさておき今回は栗本 薫さんの

 快楽の都(110)(ハヤカワ文庫)

続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

豹頭王の挑戦

寝くじきました(泣)
首から背中にかけてめちゃくちゃイタイです。
それなのに美容院いっちゃいました。
想像以上に困難でしたわ、あのシャンプー台。
気を失いそうになりました。
美の追求は困難の道です。

そんなことはさておき今回は栗本薫さんの

 豹頭王の挑戦(109)(ハヤカワ文庫)

ここまでくるともはや購入事態が悪癖な感アリの109巻め。
グイン一行が無事にクムを通過するためにとった行動は、
な~んと旅役者。
グインが本人の役で登場ですよ。それってアリ?
この巻で作者遊びすぎです。
グインにボディービルダーのポージングとかさせてはいけませんから!
「キレてるね~」と思わず声をかけそうになってしまったじゃないですか。
マリウスもあいかわらず男女関係なくやりまくってるし、
はじけてるな~、という巻。

たくらみのありそうな傭兵、スイランの動向がちょっと気になります。

というわけで今回のイチオシは
まったくつまらないのですがグイン以外にありえない。
「俺は高いぞ」って…キャラ的にナシ!!

豹頭王の挑戦―グイン・サーガ 109 豹頭王の挑戦―グイン・サーガ 109
栗本 薫 (2006/08)
早川書房
この商品の詳細を見る

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。