Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.6(3)

今日はあさの あつこさんの

 NO.6 #3(講談社文庫

NO.6 [ナンバーシックス] ♯3 (講談社文庫) NO.6 [ナンバーシックス] ♯3 (講談社文庫)
あさの あつこ (2007/08/11)
講談社

この商品の詳細を見る


紫苑(しおん)の幼馴染沙布(さふ)が治安局に連れ去られ、
紫苑の母火藍(からん)はそれを紫苑に知らせようとします。
メモを受け取ったネズミ紫苑に隠そうとするのですが、
その事を知った紫苑沙布を助けようと動きはじめます。

スポンサーサイト

続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 文庫 BL

PULP

この春に大学の英文科を卒業した人と知古を得る機会が出来たので
しめしめとばかりに
「なんかオススメないっすか?」
と尋ねたところ、卒論で書いたというこちらの本をお借りしました。

という訳で今回は癒し系イケメンT君のオススメ本
チャールズ・ブコウスキー(Charles Bukowski)作・柴田 元幸訳の

 パルプ(PULP)(新潮文庫)

パルプ (新潮文庫) パルプ (新潮文庫)
チャールズ ブコウスキー (2000/03)
新潮社

この商品の詳細を見る


初めて読む作家さんですが、遺作です。
この作品の完成直後に白血病で亡くなってます。

自称LA一のスーパー探偵、ニック・ビレーン
ある日いきなり2つの依頼が舞い込みます。
ひとつは死の貴婦人(Lady Death)と名乗るお色気ムンムン美女から
とっくに死んだはずの作家、セリーヌが生きているか調べて欲しい。
もうひとつは知人のジョン・バートンから「赤い雀」を探して欲しい。
早速調査に乗り出すビレーンはどうなる?


続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 文庫 小説 探偵

梅咲きぬ

気付けば今月に入ってからまるきりブログを書いてませんでした。
サボり癖がつくといかんのう。
…ちゃんと書こう(反省)

今回は山本 一力さんの

 梅咲きぬ(文春文庫)

梅咲きぬ (文春文庫 や 29-6) 梅咲きぬ (文春文庫 や 29-6)
山本 一力 (2007/09/04)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


山本一力さんの作品にしばしば登場する深川の老舗料亭「江戸屋」
その四代目女将秀弥の物語です。
玉枝だった幼少期から15歳で秀弥を襲名し、
40代になるまでを描いた作品。

続きを読む »

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 文庫 深川 女将

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。