Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇十字探偵 (1)

今回は京極 夏彦さんの

 薔薇十字探偵 (1)

薔薇十字探偵 1 (1) (講談社MOOK 講談社ペーパーバックスK)薔薇十字探偵 1 (1) (講談社MOOK 講談社ペーパーバックスK)
(2008/05)
京極 夏彦

商品詳細を見る




大極宮の3人がセブンイレブンとの共同企画で出したペーバーバックスです。
表紙はあの小畑 健さん。
思わす購入してしまいました。
実物を手に取ってマジマジ眺めていたんですが、
なんだかレディスコミックに見えてくるんですけど気のせい?
恐らく装丁のせいだと思います。要はムックだし。

内容は百器徒然袋―雨『鳴釜』なので再読。
これだけ抜粋しても面白いとはいえ、
姑獲鳥からずーっと読んできた人の方がより楽しめるものですよねぇ。
大爆笑する京極とか、ぶっ飛び度UPの榎木津とか。

普段本屋に行かない人に興味を持ってもらう為の企画らしいんですけど、
果たしてどれくらいの人が思惑通りに動くのかしら?
で、最初から読んでみようと思った人が本屋に行けば
待ち構えているのは人が殺せそうな厚さの本、もしくは大量の分冊。
ムリだろな~。

恐らくは
ファンが購入→続きを再読したくなる→本棚をごそごそ漁る
このコースを辿る人が大半かと思われます。

2巻目も百器徒然袋―雨からなのかしら?
買うかどうかは未定。
買っちゃいそうですけどね(恥)

というわけで今回のイチオシは
というかこの本は榎木津 礼二郎しか挙げられないのでした
だって榎さんのための本ですもの
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : ペーパーバックス 装丁 本屋

子どもたちは夜と遊ぶ(上)(下)

諸事情によりブログUPどころではなかったのですが
ようやく復活!…か?
なかなか書けない状況は続くだろうけれど、書かないよりはいいだろう。
継続は力なり←ヤケクソ

というわけで今回は辻村 深月さんの

 子どもたちは夜と遊ぶ(上)(下)

子どもたちは夜と遊ぶ 上 (1) (講談社文庫 つ 28-3)子どもたちは夜と遊ぶ 上 (1) (講談社文庫 つ 28-3)
(2008/05/15)
辻村 深月

商品詳細を見る

子どもたちは夜と遊ぶ 下 (3) (講談社文庫 つ 28-4)子どもたちは夜と遊ぶ 下 (3) (講談社文庫 つ 28-4)
(2008/05/15)
辻村 深月

商品詳細を見る

優しく触れようとしても壊してしまう、大人になりきれない子どもたちは、暗い恋の闇路へと迷い込んでしまった…。同じ大学に通う仲間、浅葱と狐塚、月子と恭司。彼らを取り巻く一方通行の片想いの歯車は、思わぬ連続殺人事件と絡まり、悲しくも残酷な方向へと狂い始める。掛け違えた恋のボタンと、絶望の淵に蹲る殺人鬼の影には、どんな結末が待っているのか。(「BOOK」データベースより)



前作の『冷たい校舎の時は止まる』と同様、
登場人物が美男美女ぞろいなのに、ものすごいダークな心理描写でブルーになります。
しかも今回は怖い プラス 残酷すぎて痛々しい。
特に木村 浅葱の過去は恐ろしいっす。
でも読んじゃうんだよな~。

この方、女性女性に向ける嫉妬を書かせるとピカイチです。
月子とその友人の片岡 紫乃との関係。
おおおおおおっかないよ~(涙)

『i』『θ』が交互に行う連続殺人。
その結末にちょっと涙。

というわけで今回のイチオシは
狐塚 孝太の同居人、石澤 恭司
この人でもう一冊書いてくださいっ!

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : ブログ 女性

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。