Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終決者たち(上)(下)

今回はマイクル・コナリー(Michael Connelly)

 終決者たち(上)(下)(The Closers)

終決者たち(上) (講談社文庫) 終決者たち(上) (講談社文庫)
M. コナリー (2007/09/14)
講談社

この商品の詳細を見る

終決者たち(下) (講談社文庫) 終決者たち(下) (講談社文庫)
M. コナリー (2007/09/14)
講談社

この商品の詳細を見る


ハリー・ボッシュシリーズ第11弾。
訳は古沢 嘉通

3年間の私立探偵稼業を経てロス市警へ復職したボッシュ。エリート部署である未解決事件班に配属された彼は、17年前に起きた少女殺人事件の再捜査にあたる。調べを進めるうち、当時の市警上層部からの圧力で迷宮入りとなっていた事実が判明。意外な背後関係を見せる難事件にボッシュはどう立ち向かうのか。(「BOOK」データベースより)



ボッシュLAPDに帰ってきました☆
私立探偵よりも刑事のボッシュがいいな、やっぱり。

シリーズお馴染みのキズミン・ライダーとコンビを組み、
未解決事件(Cold Case)の捜査に乗り出すボッシュ
日本のように殺人事件に関して時効がない
アメリカならではの部署ですな~。
未解決事件について
「忘れられた声が奏でるコーラス」に耳を傾ける
というくだりが出てくるのですが、
原文はどんな風に書かれているのかしら?

捜査をしていくうちに出てきたのが浮上してきたのが
当時の内部監査課による情報操作。
といえばアーヴィン・アーヴィング副本部長!
ボッシュが探偵をやっていた3年の間に
失脚して窓際から再起を図っているのですが、
この人出てくるとやっぱり面白いですね。
こういった小説には天敵って必要よね~。
実生活にはご遠慮したいですけど(笑)

そしてコナリーらしくやっぱり犯人は意外な人物。
しかしそんな犯人よりも衝撃的なラスト
なんともせつないお話でしたわ(涙)
これだからボッシュシリーズは止められない。

というわけで今回のイチオシは
ボッシュの新しい上司、エーベル・プラット
上司にしたい男性ランキング上位必至!!
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : シリーズ 文庫 ラスト

<< 京Cuisine The みます屋 宇田川 | ホーム | 黒執事(2) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。