Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死亡推定時刻

今日は朔 立木(さく たつき)さんの

 死亡推定時刻

死亡推定時刻 (光文社文庫) 死亡推定時刻 (光文社文庫)
朔立木 (2006/07/12)
光文社

この商品の詳細を見る


山梨県で地元の有力者の一人娘が誘拐される事件が起こった。警察の指示に従った結果、身代金の受け渡しは失敗。少女は死体となって発見された!県警は、遺留品に付いていた指紋から、無実の青年を逮捕。執拗な揺さぶりで自白に追い込んでしまう。有罪は確定してしまうのか?そして真犯人は?現役の法律家が描く、スリリングな冤罪ドラマの傑作。(「BOOK」データベースより)



ううう。
リアルだ........リアルすぎる。
現職の法曹関係者が書くだけあって恐ろしいくらいリアルです。

お話は2部構成になっていて、
1部は事件発生から地裁判決まで
2部はその後の高裁判決までとなっています。

作者のあとがきに
「一度読了されたあとで、
フィルムの逆回しのように高裁の判決から出発して
事件を見る実験をしてみて欲しい」
と書かれているのですが、
ダメージが大きくてすぐには無理っす(涙)

主人公というか犯人の小林 昭二
まったくツイてないです。
しかし同じことが自分にも起こりうる可能性…あるんだよな。

日本にも裁判員制度が導入されるようですが、
こんな風な冤罪事件が増えないことを祈るばかりですわ。

というわけで今回のイチオシは
.......................ナシ。
あまりにヘビィすぎて選べませんでした。

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

<< 子どもたちは夜と遊ぶ(上)(下) | ホーム | 京Cuisine The みます屋 宇田川 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。