Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜の柩(1)-聖邪の顔編

以前のブログで、梅酒を仕込んだことを紹介していたのですが、
そこに太陽プラムも投入してみました。
umeshu_2

うん、わかりづらい♪
上の方にあるのですがねぇ。
とりあえずなんとなく美味しそうな色&香りがしています。
来年の花見に開封予定なのですが、果たして待てるんでしょうか?
おそらく来年の花見に来るであろう人たちの顔を思い浮かべながら
耐え忍んでみようと思います。

そんな事はさておき今回は高橋克彦さんの

 竜の柩(1)-聖邪の顔編(講談社文庫)

先日平台に並んでいるのを見かけて2~3日迷い、
ようやく購入したら、活ジャンで話題に。
どうやら相当面白そうな気配なのであわてて読みました。

え~と・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
神=宇宙人竜=ロケットっすよ!!!
カナーーーーーリぶっ飛んでます。ナイスです。

主人公はテレビ番組制作会社「アクト・ナイン」を率いる九鬼虹人
(この名前もすごいなあ)
バックにいる金持ち爺様、宗像剛蔵の依頼で
東北地方にある山を調査することから始まるのですが、
この九鬼の古事記や日本書紀の解釈がものすごいです。

皆さん竜(つまりロケット)を捜しまわって大騒ぎ。
バチカンまで登場しちゃってスケール増大。
で、次巻に続く。
次もまたとんでもなさそうだなあ。

というわけで今回のイチオシは
バチカンの日本人枢機卿、鹿角典征
こんなエロい枢機卿、私でも膝がガクガクです。

竜の柩(1) 竜の柩(1)
高橋 克彦 (2006/07/15)
講談社
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

<< 竜の柩(2)-ノアの方舟編 | ホーム | 極め道 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。