Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜の柩(2)-ノアの方舟編

近所のスーパーに夜に買い物に行くと、
昼間とは違ってバイトの大学生らしき男子が2名
レジに入っています。
これがとーーーーーーっても気になってます。
私はそういう趣向がないのでなんとも言えないのですが、
おそらく眼鏡男子好きの女の子には
非常に辛抱堪らん2名だと思うのです。
今まで眼鏡男子に特にこだわりはなかったのですが、
そんな私でもなんとなく納得してしまう光景なのです。
この2人目当てに買い物にきていそうな女子を探してしまい、
ニヤニヤしないように注意するのが常。
うん、夜中の買い物は楽しい♪
・・・・・・・・・職質されないように気をつけよう。

それはさておき今回は、というか今回も高橋克彦さんの

 竜の柩(2)-ノアの方舟編(講談社文庫)

海外まで話を広げちゃいましたよ。
竜の解釈についてヨーロッパとアジアで間逆なのは不思議だ、
とずっと思っていたのですが、
非常に納得!ってなんか間違ってるような気がする。

今回の竜というかロケットは「ノアの箱舟」
アララト山に行くまでにヒンドゥーやらシュメール、インダス文明やらが出てきて
…え~とつまり宇宙人2派閥いたって事でいいのかしら?
途中から頭がぷすぷすと音を立てた気がします。

ぷすぷすの原因は鹿角のせいでもあります。
今回もエロさ爆発です。
危うく鼻血が出そうになりました。

そしてこの終わり方…この先どおすんのよ。
どこまで広がるのかなあ(遠い目)

というわけで今回のイチオシは陰山優紀
鹿角のエロさはあなたがいてこそです。


竜の柩(2) 竜の柩(2)
高橋 克彦 (2006/07/15)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

<< 人生激場 | ホーム | 竜の柩(1)-聖邪の顔編 >>


コメント

ハローそるたんさん
君、エロに食いつきすぎ!!
思春期の男子か。と笑ってしまいました。
この先も気が抜けないよー
ノアの方舟、どこに行っちゃうと思う??
うふうふ。
『総門谷』とか『刻迷宮』とかもなかなか捨て難いオモシロよ~
なんかでかいんだよね、話が。
そこが魅力だけど!多分。

すすすみませぬ。
鹿角にやられっぱなしなもので(恥)

大風呂敷を広げる男、
後始末がよければ許す。ナイス!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。