Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・ハート(上)(下)

今日は高校野球の決勝でしたね。
引き分けで明日再試合ってことですが。
今まで高校野球って興味なかったんですよね。
いくらヤクルト&西武ファンとはいえ
選手自体にときめくってカンジは皆無でした。
ところが、早稲田実業の斎藤投手
彼に対しては違いました。
あんなイイ目をした青年はここんとこお目にかかってない気がします。
あの目をしている限り、奴はきっとビックになってくれる。
そんな気がするのです。

そんなことはさておき今日はマイクル・コナリー(Michael Connelly)の

 ブラック・ハート(上)(下)(The Concrete Blond)
 (扶桑社ミステリー)

ボッシュがハリウッド署に左遷させられる原因となった
ドールメーカー殺人事件
最初のナイト・ホークスの時は事件名だけで
どんな事件かは語られていなかったのですが、
今回はそれにまつわるお話です。

舞台は事件から4年後。
ドールメーカー殺人事件の犯人、ノーマン・チャーチの妻から
夫は無実だという裁判をおこされます。
裁判の最中にドールメーカーの手によるものらしい死体が発見されます。
裁判と事件。両方に格闘するボッシュ

今回の見所のひとつは裁判での攻防。
日本にも陪審員制度が導入されるそうですが、
おそらくこうはならないだろうなあ。
優秀な弁護士ほどこわいですね。

で事件のほうはどうやら模倣犯がいるということになり、
その犯人捜しに終始。
そしてやっぱり今回も犯人の正体に驚愕。
まったく何度驚けば気が済むのか、
と自分に鞭打ちたいくらいだまされまくりなのです。

それから前回のブラック・アイスで恋人になった
シルヴィア・ムーアとの恋の行方も気になるところです。
もうダメなの?

というわけで今回のイチオシは
相手側の弁護士、ハニー・チャンドラー
アメリカにはこのくらいすごい女性の敏腕弁護士って
ゴロゴロいるイメージがあるのはTVとかの見すぎ?


ブラック・ハート〈上〉 ブラック・ハート〈上〉
マイクル コナリー (1995/09)
扶桑社
この商品の詳細を見る


ブラック・ハート〈下〉 ブラック・ハート〈下〉
マイクル コナリー (1995/09)
扶桑社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

<< Nha Viet Namと生春巻 | ホーム | 竜の柩(4)-約束の地編 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。