Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキハバラ@DEEP

昨日はたくさん雨が降りましたね。
家から駅まで徒歩で10分くらいなのですが、
駅についてお財布を忘れたことに気づきました。
正直凹みます。

遅刻するとメールを打ちお財布を手に50分後職場に到着。
そしたら店長の第一声。
「あれ?今日入ってないんじゃない??メール返したけど。」
...................................日にち まっちがえた。

帰宅する後姿はかわいそうな事になっていたに違いないです。
バカバカ!(泣)


そんな事はさておき今回は石田 衣良さんの

 アキハバラ@DEEP(文春文庫)
舞台は秋葉原。
普通の社会で生きていくには問題を抱えているメンバー達が、
協力しあって会社を立ち上げすんごいものを作っちゃうお話。
このメンバーが私にとってはとっても好奇心をそそる人たちでした。
普段人間をやっているのがツライ時があるパンダとしては、
非常に心の支えになりました。
成長する努力はもちろん必要だけれど、これでいいんだね~って感じ?

前半の会社設立の部分は読者がメンバー達の一員になった気分で
ほんとおおおに一喜一憂しました。
最後の終わり方がもうちょっと書いて欲しかったなぁという気もするけど、
小説なのだしこれでヨシとしておくか(えらそうだ)
そんな事言ってるくせに泣いちゃったし(恥)

しかし衣良さんてどんなたちでもカッコヨシに書けてしまうのよね~。
すごいっす。

というわけで今回のイチオシは
アルビノの天才中卒プログラマー イズム(清瀬泉虫)
その天才ぶりにひれ伏したい気分です。


アキハバラ@DEEP アキハバラ@DEEP
石田 衣良 (2006/09)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

<< The MANZAI(3) | ホーム | わたしを離さないで >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。