Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜より暗き闇(上)(下)

今年の3月くらいから週に1~2度病院通いをしています。
とはいっても私が病気なのではなくて、
同居人のお婆様のところへお見舞いに行くのです。

もうじき米寿になるのですが、とにかくかわいらしいお婆ちゃまです。
このかわいらしさはどこから来るのかしら?
と観察しているのですが、
結論から言うと「恥」「嗜み」のようです。
女性らしい恥じらいと他者と接する上での嗜み
いくつになっても忘れちゃならんと心に刻みながら毎回病院を後にします。

で、実際出来ているかと言えば...........日々精進。



そんなことはさておき今回はマイクル・コナリー(Michael Connelly)

 夜より暗き闇(上)(下)(A Darkness More Than Night)
   (講談社文庫)


今回から講談社に変わったハリー・ボッシュシリーズ
…なのかな?
「わが心臓の痛み」テリー・マッケイレブと共演なんですよ。
祭りだワッショイ!!

マッケイレブグラシエラと結婚してました。
おまけに赤ちゃんも誕生。
幸せいっぱいのはずなのに捜査協力の依頼を受けて
犯人捜しに乗り出しちゃうのですよ。

いろいろ調べていく内にボッシュが容疑者として浮上。
疑われていることに気付いたボッシュ
とはいえボッシュも全米が注目する裁判の真っ最中。
さあどうするよ!

でまあ…今回も犯人は予想外のところからきました。
ちょっとやそっとじゃ驚かなくなってきましたわ。
慣れってこわいね。

それから気になるのはテリーグラシエラ夫妻。
どうなるんでしょ?再び登場あるのかしら??

というわけで今回のイチオシは
ハリー・ボッシュに決定。
やっぱりシリーズ持ってる主人公は強い!


夜より暗き闇〈上〉 夜より暗き闇〈上〉
マイクル コナリー (2003/07)
講談社
この商品の詳細を見る

夜より暗き闇〈下〉 夜より暗き闇〈下〉
マイクル コナリー (2003/07)
講談社
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

<< 邪魅の雫 | ホーム | アフターダーク >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。