Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快楽の都(110)

おとといは友人の結婚式でした。
で、1.5次会みたいな感じのやつに出席してきました。

カワイイかどうかはともかく
口が裂けても地味とは言えない外見をしているので、
こういった席での服装は非常に気を使います。
気合を入れると悪目立ちしてしまうのです。
手を抜きつつもまあまあオシャレをしてお出かけしました。

結論から言うと
たぶんものすごおおおおおおく浮いてたと思います。
ちょっとのことでド派手なねぇちゃんが出来上がってしまったのでした。

落ち込む私にさらに追い討ちをかけるコメント。
「まあ…日本人の中に外国人が混ざっちゃったんだと思おうよ☆」

.................これっぽっちもフォローになってない(涙)


そんなことはさておき今回は栗本 薫さんの

 快楽の都(110)(ハヤカワ文庫)

110巻って…終わらせる気はあるのでしょうか?

シリーズの初期から名前が出ていた土地、
快楽と悪徳の都タイスでのお話。
なんだかものすごい街ですよ。
エッチしたいって誘われたら断っちゃいけないんだそうです。
断る場合も上手に断らないと殺されても文句言えないって…どうなのよ。

気になるのはやはり109巻から登場したスイラン
徐々に正体が明らかになってきてますね。
ドライドン騎士団なのは間違いないですが…
果たしてイシュト?それともカメロン

もうひとつ気になったのはリンダの再婚話。
作者が忘れていなければ今後の展開に絡んできそうです。

というわけで今回のイチオシは
まだまだ正体不明のスイラン
ドライドン騎士団のメンバーはイイ奴ぞろいです♪


快楽の都―グイン・サーガ 110 快楽の都―グイン・サーガ 110
栗本 薫 (2006/10)
早川書房
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

<< シティ・オブ・ボーンズ | ホーム | 邪魅の雫 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。