Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.6(1)

秋もたけなわ。
読書の秋も大事ですが、食欲の秋も捨てがたい。
近所のスーパーで北海道フェアなるものをやっていました。

玉ねぎとジャガイモ、箱買いしちゃいました(恥)
2人家族で玉ねぎはともかくジャガイモはどうすんのよ。

ほかにも瓶要りのプリンやら三角パックの牛乳やらを買い込み
ホクホクで帰宅。

どうやら地方物産展も弱点らしいです。
弱点多すぎですから(泣)!!


そんなことはさておき今回はあさの あつこさんの

 No.6(1)(講談社文庫) バッテリーMANZAIと違って今回は近未来ものです。
No.6という都市が舞台。
2歳の時に優秀と認められてNo.6の中でも最高の地区「クロノス」に住む
12歳の紫苑が、
VC(凶悪犯)で施設から逃げてきたネズミと名乗る少年と出会い、
人生が変わっていく…って結構ありがちなお話。

エリートで純粋培養で天然キャラなクセに結構強い紫苑
肉体面では強いクセにどこか精神的な脆さを感じさせるネズミ
まあ…あさの あつこさんですからどうしてもBL臭がプンプン。
今まで会ったことのないタイプの人には魅かれるじゃないですか。
もうね、紫苑ネズミにメロメロっすよ。
ネズミも死にかけていたところを助けてくれた紫苑
「借りを返す」なぁ~んていいつつ…
紫苑ちゃん、ほっとけないキャラなんですね。

さて少年達の 運命やいかに?

というわけで今回のイチオシは
紫苑の幼馴染の沙布
12歳なのに…末恐ろしい女子です。でもある意味リアルかも。

NO.6♯1 NO.6♯1
あさの あつこ (2006/10/14)
講談社
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

<< 刻謎宮(2)-光輝篇 | ホーム | IKEA >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。