Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖なる黒夜(上)(下)

雨の土曜日にも関わらず、
モザイクモール港北に行ってきました。

何度か通りかかってはいたのですが入るのは初めて。

しかしいろいろ多すぎて訳がわかりませんでした。
あっさり敗北。あっという間に撤退。
人間繁殖しすぎですから!!

今度は平日に来て屋上の観覧車に挑戦したいと思います(ホントか?)


そんなことはさておき今回は柴田 よしきさんの

 聖なる黒夜(上)(下)(角川文庫)
平積みになっていたのを目にして購入。
しかしRICOシリーズ未読。
まあいいか、と読み始めました。

え~と…これを読むと警察もヤクザもえらいことになってます。
帯に書いてある三浦 しおんさんの名前で気付けばよかったのです。
つーか朝の通勤電車で読みづらいことこの上ない内容なんですけど。

シリーズ読んでたらもっと楽しめたと思うのですが、
読んでなくても問題なくのめり込めます。

特に主人公の2人、
麻生龍太郎山内練には身悶えさせられまくりです。
いやぁ…まさに愛憎。
とりあえずRICOシリーズに手を染めるか…。

というわけで今回のイチオシは
山内 練しか考えられなかったのでした。
香水いらずのいい香りがする男は大好きです…が、相手にもされない(涙)

聖なる黒夜〈上〉 聖なる黒夜〈上〉
柴田 よしき (2006/10)
角川書店
この商品の詳細を見る

聖なる黒夜〈下〉 聖なる黒夜〈下〉
柴田 よしき (2006/10)
角川書店
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

<< ヨリックの饗宴 | ホーム | 神様からひと言 >>


コメント

ハローそるたんさん
とりあえず文庫化されたRIKOシリーズは全部読んでますが、
黒夜を読んでからの方が面白いのではないか、と今は思う。
練の印象がだいぶ違いますよん。
そしてそるたんさんならRIKOにかなーり入れ込んでしまうような気がする...
ミロよりも相当なあばずれです☆

ハローNoppyさん
早速RICOを買ってきてみました。
でもまだ手をつけてませ~ん☆

>黒夜を読んでからの方が面白い
普通はしまった!と思うほうが多いのに珍しいですね。
で、ミロが誰だか思い出せないorz

桐野夏生の『顔に降りかかる雨』とかに出てくる女探偵・村野ミロでーす。

RIKOシリーズよりも黒夢のほうが時系列で先みたいだから、
このあとRIKOでもいいんじゃん?と思ったの。
ぱらぱらと読み返してみたら、やっぱりRIKOって無茶苦茶ですわ...

ああ!

確かにミロだったね、忘れてました(恥)
それを超えるあばずれっぷり。
楽しみになってきました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


『ナラタージュ』

昨日あまりにもハゲしく『聖なる黒夜』の毒気にあてられてしまったので、ちょっと爽や


『聖なる黒夜(上)(下)』

柴田よしきの『聖なる黒夜(上)(下)』(角川文庫)を読む。うーむ...何といって


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。