Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刻謎宮(3)-渡穹篇

寒いです。耐えられません。
まだ11月だというのに…生きていくのってツライ(大袈裟です)
夏に産まれたせいだと思うのですが、
冬は非常に苦手なシーズンです。

もしも大金持ちになったら、
南の島に移住したいと思います(現実逃避)


そんなことはさておき今回は高橋 克彦さんの

 刻謎宮(3)-渡穹篇(講談社文庫) 前巻からひきつづき、の時代のお話。
龍馬たちに感付かれないようにその時代の人に身体を借りて
活躍している沖田総司たち。

なかなかヘラクレスには会えなかったのですが、
天子の血を引く燕子外になってました。
猪八戒ソックリ。
これで西遊記完成。
う~ん…いいのか?

しかし龍馬の為に働く神兵たち、どいつもこいつも強い!
そしてそれをバサバサ片付ける沖田総司もとい孫悟空役の峰飛麟
カッコイイっす!
総司ファンならずとも惚れそうです。

そういえば敵方の総大将である坂本龍馬
徐々にイイ人に書かれてきましたよ。

今回は対決シーンが多くて活劇好きにはいいのではないでしょうか?
…ほんとうか?

というわけで今回のイチオシは
そろそろ名前を出そうと思っていたメディア
久しぶりに「○○ですぞえ」が似合う女です。

刻謎宮(3) 刻謎宮(3)
高橋 克彦 (2006/11/16)
講談社
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

<< 刻謎宮(4)-登天篇 | ホーム | Le Beaujolais nouveau est arrivé!! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。