Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠

職場の近くに本屋さんがあるので、
仕事のある日は必ず本屋さんに立ち寄ります。
出勤前と帰りの2回立ち寄ることもあります。

アヤシイ人に思われていそうで怖いです。

そんなことはさておき今回は柴田よしきさんの

 RIKO女神(ヴィーナス)の永遠(角川文庫)


RICOシリーズです。
こっちから読めよ、とは思いますがまあいいでしょう。
そういえば聖なる黒夜の続編が携帯で配信中だそうです。
あの後2人がどうなったか非常に気になるところです。

こちらの主人公は女性刑事村上 緑子
自分の心に忠実というか、素直というか…
あばずれと言われても仕方ないでしょうなぁ。

現在の恋人であり、仕事の相棒でもある鮎川 慎二
同じ新宿署の婦人警官、陶山 麻里
以前の恋人安藤 明彦
その他…やりまくりです!

残虐な輪姦シーン(男×男)が写った裏ビデオが見つかり、
事件を追ううちに緑子の過去やらなにやら色々出てきて
盛りだくさんすぎてお腹イッパイですよ。

いやぁ…強烈なインパクトでした。
Noppyさん、確かにハマりました☆

というわけで今回のイチオシは
つまらないかと思いますが、村上 緑子しかいません。
ありがちな女性警察官ぽくないのがイイネ!


RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠 RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠
柴田 よしき (1997/10)
角川書店
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

<< 卯夢 | ホーム | ガールズ・ブルー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。