Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDGE(2)- 3月の誘拐者

お昼ごはんにラーメンが食べたくなったので
ネットで検索してラーメン 丸仙に行ってみました。

しかし日本人てどうしてこんなにラーメンが好きなんでしょうね。
店にたどり着く前にいったい何軒のラーメン屋さんの前を通り過ぎたことか…

こちらのお店は非常にアットホームな感じ。
常連さんらしきおじさま、おばさま達がちらほら。
ねぎみそラーメンを頼んでみたのですが非常に後引くスープでした。

しかし帰って来てから気付きました。
どうやら支那そばがウリらしい。
…次回のお楽しみです。

そんなことはさておき今回はとみなが 喜和さんの
 EDGE(2)- 3月の誘拐者(講談社文庫)


この巻からサブタイトルがつくのね。
前回、5歳児並の知能だった藤崎 宗一郎
10歳くらいの知能まで回復してきました。

25歳の外見と10歳の中身。
ギャップに苦しむ宗一郎
しかし自分の過去が新聞記者の柚留木 恒(ゆるき わたる)
少しずつ暴かれて宗一郎を思い遣る余裕がなくなっている大滝錬摩
もどかしくもたまらんです。

今回の事件は7歳の小学生、三橋はるかが誘拐されます。
このはるかちゃん、ものすごおおおいしっかり者。
はるか目線だと誘拐ではないですな。

最後に書かれた数年後の話が非常によいです。

というわけで今回のイチオシは
はるかちゃんを誘拐したおにいちゃん
誰しもが多少なりとも抱える闇だと思うのです。

EDGE2 3月の誘拐者 EDGE2 3月の誘拐者
とみなが 貴和 (2007/01/12)
講談社
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

<< | ホーム | 中原の虹 第二巻 >>


コメント

はるかちゃん

かわいくねえ。と思っちゃいけませんね。
ワタシもこんな風にかわいくない子だったかも☆
そしてしっかりもしないまま、こんな大人に...
しかし錬摩の激動の過去には吃驚しました。
二巻でばらすのは早過ぎないか、とも思ったけど
まだ何かあるのかしら...

これで終わりじゃないはずだ

錬摩の過去、驚きましたね~。
よく日本に帰ってこられました。

お父様の死体が見つかってないってところが
ポイントな気がするけど
深読みしすぎかしら?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


『EDGE2 三月の誘拐者』

とみなが貴和の『EDGE2 三月の誘拐者』(講談社文庫)を読む。自分でカテゴライ


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。