Lc.ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カウンター

フリーエリア

リンク

プロフィール

そるたん

Author:そるたん
文庫本とおいしいものを好む生物です
パンダ度★★★★★
らしい

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

送り火

先日国領にあるラーメン店熊王に行ってきました。

所謂行列の出来るラーメン店ですね。
たまたまなのかすんなり入店。後から行列出来てました。ラッキー♪

味噌、塩、醤油の中から塩ラーメンを食べてみました。

中太麺でコーンと刻みねぎがトッピング。
味は…普通かなぁ。
ファンの方には申し訳ないのですが並ぶほどではないかも。
他の味も試してみないとわからないですね。

そして店を出てから気付いたのですが、
化学調味料入れすぎです(涙)舌が痺れます。

まあ…今更ですがね。嫌いじゃないですよ。
身体によくないものって結構オイシイですもの(笑)


そんなことはさておき今回は重松 清さんの

 送り火(文春文庫)

表題を含む全9編の短編集です。
そういえば短編は久々です。

すべて新宿発の架空の私鉄「武蔵電鉄富士見線」が舞台。
薄気味の悪い話ばかりなのですが非常に胸に沁みます。
涙腺ゆるみっぱなしですよ(恥)

日常に潜む非日常を描いているのですが非常にリアリティがあって
もしも自分が同じような状況だったらどうするのか、
という事をものすごく考えさせられます。

表題の「送り火」もよかったのですが、
「かげぜん」は非常によかったなぁ。

ちなみに…アーバンホラーって何?誰か教えて~!!

というわけで今回のイチオシは
「よーそろ」に出てきたムラさんこと関本
心は無限大。

送り火 送り火
重松 清 (2007/01/10)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

<< 闘王(112) | ホーム | 美しい魂-無限カノン(2) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。